• ホーム
  • クラミジア感染の治療には抗生物質であるジスロマックが効く

クラミジア感染の治療には抗生物質であるジスロマックが効く

錠剤が乗っているスプーン

クラミジア感染の治療に用いられる抗生物質はジスロマックで、アジスロマイシン水和物を有効成分で配合しています。またマクロライド系抗生物質になるので、クラミジアの菌を殺菌する働きがあります。クラミジアは病原微生物が体の中に侵入することで、さまざまな炎症を起こしています。基本的にクラミジアがジスロマックによって消滅すれば、腫れや炎症も治るということです。

作用面はタンパク質合成阻害薬として分類されます。細菌内に取り込まれた後、細菌のタンパク質を合成するリボソームを阻害することによって増殖を抑え、タンパク鎖の伸長を阻害していきます。これにより細菌の発育を阻害し、本来の抗菌作用とは異なる抗炎症作用も認められています。炎症部位を抑えたり、活性酸素生産性を抑制したりする作用もあります。一般的には静菌的に作用をしていきますが、高濃度な状態では殺菌作用が示されています。特にジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは胃酸による影響がなく、高い組織内濃度を維持することができます。

菌種によっては正しい用量でも十分殺菌的に効果が出るとされているので、抗菌スペクトルはグラム陽性を中心にして、陰性菌の一部や嫌気性菌や否定型菌でもあるクラミジアに抗菌活性を示しています。マクロライド系の新しい抗生物質ですが、肺炎球菌やグラム陽性菌などにも有効で、耐性菌が増えているところに少し問題がある程度です。
エリスロマイシンの弱点ともされる胃酸による不活化をほぼ受けることなく、体内に効率よく吸収されます。感染部位に対して組織内濃度を得ることができ、血中半減期が時間とともに延長する特徴があります。1日1回3日間の服用で、今まで使用されていた既存の同類薬を1~2週間使用した場合と同様の効果を得ることができます。またアレルギーを起こすことが少ない薬なので、今までペニシリン系やセフェム系抗生物質でアレルギーを起こしていた人でも使用できる可能性があります。

マクロライド系抗生物質で問題となっているのは、薬物間相互作用ですがその心配がないとされます。服用方法はアジスロマイシンとして500mgを1日1回3日間連続で服用することで、短期間で治療を完了させることができます。副作用は比較的少ない方に分類されますが、吐き気や胃痛・下痢などの不快感が現れます。特に子供は下痢を起こしやすく、ひどい症状が続くときは使用をやめ医師に相談をする必要があります。発疹とともに口内がただれたり、水ぶくれ・目の充血や発熱したりなどの症状も現れることがあります。

関連記事
性感染症にならないためにもコンドームを使いましょう 2019年12月03日

コンドームを使用しない性行為の延長線には、妊娠のリスクだけではなく性感染症に対しての問題にもなります。これは一つ間違えると人生を大きく左右することにもつながり、コンドームは性行為を行う時には必ずつけることが大切です。コンドームの正しい使い方を知っておくだけでも、そのリスクは減ります。コンドームは傷を...

クラミジアが完治するまでは性行為は控えましょう 2019年11月29日

クラミジアは正しい治療を行い完治するまでは、パートナーとの性行為は避けるようにします。特に症状の出にくい疾患なので、知らない間にパートナーに感染させてしまいますし、自分が完治していてもさらにパートナーからうつされるというピンポン感染につながります。クラミジアは自然治癒すると言われることもありますが、...

妊娠している女性がクラミジアに感染すると胎児にも影響する 2019年11月24日

妊娠している女性がクラミジア感染症にかかっている時は、出産をするにあたって赤ちゃんに大きなリスクがあります。無治療のまま出産すると、赤ちゃんが産道を通る時に結膜炎・肺炎になる可能性があるからです。クラミジア感染症が完治しないまま出産することになった時は、産道を通ることがないように帝王切開をするように...