• ホーム
  • 性感染症にならないためにもコンドームを使いましょう

性感染症にならないためにもコンドームを使いましょう

薬を飲んでいる女性

コンドームを使用しない性行為の延長線には、妊娠のリスクだけではなく性感染症に対しての問題にもなります。これは一つ間違えると人生を大きく左右することにもつながり、コンドームは性行為を行う時には必ずつけることが大切です。コンドームの正しい使い方を知っておくだけでも、そのリスクは減ります。

コンドームは傷をつけてしまうと使えなくなるので気をつけましょう。まず封を開ける時は、傷がつきやすいため端にずらして開封します。爪を立てることなく本体を袋から取り出し、表裏を確認した上で先端をつまみながら空気を抜きます。もし表裏を間違えた時には、そのコンドームは使用することができないので新しいものを使うようにします。表面が性器に触れてしまうことで、その部分がパートナーの性器にも触れてしまう可能性があるからです。毛髪や皮膚などを巻き込まないように装着し、根元までしっかりと下ろしたコンドームを男性器の包皮と一緒に引き上げ、もう一度下ろすという作業を繰り返しながら装着します。コンドームと包皮が一体化することで脱落しにくくなり、アクシデントが起こりにくくなります。コンドームの効果を十分に発揮させようと、2枚重ねで使用するケースも見られますが、逆に外れたり破れたりしやすくなるので1枚だけを使うようにします。

使用を終了したらすぐにコンドームを抑えながら、男性器を抜き出して外します。分泌液が漏れないようにしっかりとコンドームの口を絞って、ティッシュなどに包み捨てることが衛生的です。またコンドームは食品などと同様に使用期限があり、期限が過ぎているものは特に破れやすくなっているので使用する前に必ず日付の確認をします。直射日光が当たる場所は劣化しやすいので、高温多湿や防虫剤がある場所で保管することは避けます。コンドームを携帯する際に財布に入れている人もいますが、コンドームが摩擦により劣化したり破れたりしやすくなり、最終的に妊娠や性病を防ぐ目的が達成できない可能性もあります。携帯するときは、アルミケースの名刺入れなどがサイズ的にも丁度よく丈夫さもあります。

正しいコンドームの使用方法を実践することで、ある程度の性感染症を予防することができますし、このような意識が全てに広がっていきます。特定のパートナーがいるときは、性交渉を始める前にお互いに性病検査を行い確認することも大切で、性感染症を拡大させないコツになります。

関連記事
クラミジアが完治するまでは性行為は控えましょう 2019年11月29日

クラミジアは正しい治療を行い完治するまでは、パートナーとの性行為は避けるようにします。特に症状の出にくい疾患なので、知らない間にパートナーに感染させてしまいますし、自分が完治していてもさらにパートナーからうつされるというピンポン感染につながります。クラミジアは自然治癒すると言われることもありますが、...

クラミジア感染の治療には抗生物質であるジスロマックが効く 2019年11月27日

クラミジア感染の治療に用いられる抗生物質はジスロマックで、アジスロマイシン水和物を有効成分で配合しています。またマクロライド系抗生物質になるので、クラミジアの菌を殺菌する働きがあります。クラミジアは病原微生物が体の中に侵入することで、さまざまな炎症を起こしています。基本的にクラミジアがジスロマックに...

妊娠している女性がクラミジアに感染すると胎児にも影響する 2019年11月24日

妊娠している女性がクラミジア感染症にかかっている時は、出産をするにあたって赤ちゃんに大きなリスクがあります。無治療のまま出産すると、赤ちゃんが産道を通る時に結膜炎・肺炎になる可能性があるからです。クラミジア感染症が完治しないまま出産することになった時は、産道を通ることがないように帝王切開をするように...